【2024年】話題の韓流ドラマ

【空から降る一億の星】韓国版と日本ドラマの違いは?結末・登場人物の違いを紹介

空から降る一億の星 韓国
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

韓国ドラマ『空から降る一億の星』は、日本で2000年に放送された同名作品の韓国リメイク版です。

木村拓哉と明石家さんまがダブル主演を務めた作品で名作の1つなので、ご存じの方も多いのでは?

ぴよ吉
ぴよ吉
見た事がない人でもタイトルは知っているほどだもんね!

リメイク作品となると違いが気になるところですよね。

そこで今回は、『空から降る一億の星』韓国版と日本ドラマの違いは?結末や登場人物の違いも紹介!と題してお届けします。

結末や登場人物の違いについて詳しくお届けしますので、お楽しみに^^

※この記事にはネタバレが含まれています。

 

『空から降る一億の星』韓国版と日本ドラマの違いは?

韓国ドラマ『空から降る一億の星』は、ソ・イングクが主演を務めたラブサスペンス作品です。

冒頭でもお伝えしましたが、木村拓哉と明石家さんまがダブル主演を務めた同名の日本ドラマの韓国リメイク版。

日本はダブル主演ですが、韓国版は単独主演となっている点がまず、違いますよね?

ぴよ吉
ぴよ吉
ここから既に違いがあるね。

前半では、韓国と日本の違いについてお調べした内容をもとに、お届けしていきたいと思います。

それでは早速、ご覧ください。

 

韓国のあらすじと日本のあらすじを比較してみた!

まずは、韓国版と日本版のあらすじで違いがあるのか比較してみました。

分かりやすく韓国版と日本版のあらすじを、それぞれ並べていきますので、皆さんも比較しながらご覧ください。

【韓国版のあらすじ】はこちらになります。

広告デザイナーのユ・ジンガンは幼い頃に両親を失い、年の離れた兄・ジングクと2人で暮らしている。ある日、親友のペク・スンアの陶芸展に招待されたジンガンは、パーティのスタッフとしてやってきたキム・ムヨンと出会い、彼の失礼な発言に憤慨するが…。

出典元:U-NEXT

ユ・ジンガンを演じているのはチョン・ソミンで、ジンガンの兄はパク・ソンウが演じています。

そして、キム・ムヨンを演じるのは主演のソ・イングク。

【日本版のあらすじ】はこちらになります。

独身の刑事、堂島完三(明石家さんま)は妹の優子(深津絵里)と二人暮らし。完三は女子大生殺害事件の担当になり、その後おきた殺人事件で、完三は知人の西原美羽(井川遥)の誕生日パーティーで出会ったコック見習いの片瀬涼(木村拓哉)に目をつける。

出典元:Wikipedia

あらすじを読むだけでも、違いがはっきりしているのではないでしょうか?

韓国版では、主人公とヒロインが陶芸展で出会うところから物語が始まるのに対して、日本版は以下の通り。

日本版では、ヒロインの兄がとある誕生日パーティーで、主人公に目をつけるところから物語が始まるのです。

ぴよ吉
ぴよ吉
比較してみると違いが分かりやすいよね!

 

登場人物の職業にも違いがある!

『空から降る一億の星』は、韓国と日本の登場人物にも違いがある事が分かりました。

なんと、韓国と日本ではキャラクターの職業に違いがあったのです!

韓国と日本の主要キャストを分かりやすく並べてまとめましたので、比較しながら見てみて下さい。

韓国 日本
キャスト名 役名 職業 キャスト名 役名 職業
ソ・イングク キム・ムヨン 醸造士 木村拓哉 片瀬 涼 見習いコック
パク・ソンウン ユ・ジングク 刑事 明石家さんま 堂島 完三 刑事
チョン・ソミン ユ・ガンジン デザイナー 深津絵里 堂島 優子 編集者
ソ・ウンス ペク・スンア 陶芸家 井川遥 西原 美羽 令嬢

ヒロインの兄が刑事なのは、韓国と日本で同じ設定になっていますが、他が違いますよね!

他のキャストでも違いがあり、主要キャストと関係の深いところでいうと日本版で井川遥が演じた西原 美羽は令嬢でした。

それに対して韓国版では、陶芸家となっているところも大きな違いではないでしょうか。

ぴよ吉
ぴよ吉
職業でもこんな違いがあるんだぁ!

 

『空から降る一億の星』結末や登場人物の違いも紹介!

ここまでは、『空から降る一億の星』韓国と日本の違いについてお届けしました。

前半だけでも大きく違いがあり、個人的にも驚くほどでしたが、皆さんはいかがでしたでしょうか?

実は『空から降る一億の星』韓国と日本の違いは、これだけではないんですよ!

後半では、結末や登場人物について深堀してお届けしていきますので、最後までご覧下さいね。

ぴよ吉
ぴよ吉
前半だけでも大きく違いがあったから後半も楽しみだね!
ぴよ吉
ぴよ吉
見比べたくなるよね^^

 

韓国と日本での違いをまとめました!

ここまでご紹介した、『空から降る一億の星』の韓国と日本の違いを含めた違う点をまとめましたので、ご覧ください。

  1. あらすじ
  2. 主要キャストの職業
  3. 登場人物
  4. 主人公とヒロインの名前は本名ではない(韓国版のみ)!
  5. 結末

ここでは、3つ目の登場人物に違いがあるという点について、お調べした内容をもとにお届けします。

主要キャストの周りで相関図に載るまでのキャラクターに大きな違いは、見当たりません。

ただ日本版でヒロインのお見合い相手が登場するのに対し、韓国版ではお見合い相手は登場しないようです。

代わりか分かりませんが、ヒロインに想いを寄せている後輩が韓国版では登場人物にくるまれていました。

④と⑤については次のページでご紹介しますので、ご覧下さい。

ぴよ吉
ぴよ吉
別の作品として楽しめそうだね^^

 

結末の違いはどこ?

最後に『空から降る一億の星』の結末に違いはあるのか、お届けしていきます。

お調べしたところ、韓国と日本で結末や結末に近づくにつれ明かされる、登場人物の設定にも違いがありました!

こちらも分かりやすくまとめていますので、こちらからご覧ください。

  • 日本版で涼と優子が実は兄妹だった事実に対して、韓国版のムヨンとジンガンは兄妹でない
  • 韓国版でムヨンとジンガンには別に本名があったのに対して、日本版ではそのような設定はない
  • 日本版の美羽と韓国版のスンアでは、亡くなり方が違う
  • 韓国版のムヨンとジンガン、日本版の涼と優子では亡くなり方が違う

こう見ると登場人物の設定や結末に大きな違いがありますよね!

両国の『空から降る一億の星』を見比べて見たくなった方も、多いのではないでしょうか^^

ぴよ吉
ぴよ吉
結末も違うんだ!

 

『空から降る一億の星』韓国版と日本ドラマまとめ

今回は、『空から降る一億の星』韓国と日本の違いは?結末や登場人物の違いも紹介!と題してお届けしました。

最後までお読みいただいて、いかがでしたでしょうか。

同じ『空から降る一億の星』という作品ですが、韓国と日本とでは大きな違いがありましたね!

私もお調べしながらこんなにも違いがある事に、驚いたほどです。

結末や登場人物についても見応えある内容になっておりますので、是非参考にしてみて下さい。

error: Content is protected !!